やり残しラジコンカー入門

ラジコン入門者が参考になるような足跡を残す

E-MAIL. info★tt-01.com ★を@に変更してください

【RC魂+】

ショートリポサイズのバランスウエィト

ショートリポサイズのバランスウエィト

このエントリーをはてなブックマークに追加
薄型(軽量)ショートリポ と合体させるバランスウエイト
寸法:2mmx 46mmx 92mm
材質: ステンレス
重さ:60gグラム

F1用として錘(バランスウエイト)GET。
バランスウエイトを使うことで重心が下がり、リアタイヤの面圧up。 博物館コースなら、ターン14、15、16(最終コーナー)からターン1(第一コーナー)まで
マシンが安定し MAX握れるかも。レース中のミスが減るかも。 ここまで「脳内イメージ」w

早速、
薄型(軽量)ショートリポと合体させて「ショート標準」の重さにする。
手元の重量計では63gだと誤差ありです。情報では60g(正 ※写真

走らせます、あれれ?ちょっと巻き巻きです。 約210g前後が扱いやすそうは、夢物語? 寒いから? タイヤの組み合わせ? フロントタイヤが食いすぎ?


Boobyさんからアドバイス。
”スポンジタイヤはダスティな路面は、ダメ。ホコリが詰まる。またWD40(クレ556より)を軽く散布しグリップ剤にする作戦もあるよ。今使っているフロント35度(グリップありすぎかも)よりタミヤ”F103用のノーマル”が良いよかもよ。再度タイヤをセットしてからだねw”となりました。

メモ:
バランスウエイトをいざマシンに載せて両面テープで固定。 薄型(軽量)ショートリポ を搭載ok。いいかも。しかし”標準”ショートリポの収まりがわるくこれは、搭載できず。 薄型(軽量)ショートリポ だけの仕様になってしまった。

リアのウエイト調整にはカーボンシャフトをスチールシャフトに変更することも可能。

« »