やり残しラジコンカー入門

ラジコン入門者が参考になるような足跡(メモ)

E-MAIL. info★tt-01.com ★を@に変更してください

【RC魂+】

XRAY T4 2015

YBPで低速up

YBPで低速up
手元のBL-PRO(ヨコモの初期型ブラシレス対応ESC)はダイレクトドライブのシャーシに搭載していたものを早ツーに載変えてフィーリングがイマイチだったところを改善する。スタート時のマッタリ感とコーナーリング中なんかマッタリで軽く渋滞作ることも。
設定変更のそのためには、

YBP・・・ヨコモブラシレスプログラマー(初期型)

で、スタート時、低速時、コーナー旋回 の味付けをもっとよくしたい。「Start Power」をLowから2段階上のHighへ。これで、いままで気になっていたところを改善する予定。初期設定[low側]。(ほかに「POWER」という設定パラメターもあるみたい)

一周あたりコンマ2秒詰めたい。

他いろいろいじり。Nブレーキ系も一番小さい値
初期設定[0] [5?→1] に。

デフォルトに戻してからでもよかったかも。

ヨコモBL-PRO・・・クソデカイ&62g
フリマアプリ相場4000円から5000円ぐらい。

練習~

AM10時頃、路面温度22度から32度
日陰は冷たく、日の当たるところも32度。午後で34度ぐらい。タイヤのチョイスは、28R(Kawada kmシリーズ)と32R(ソレックス32R)。

早ツー(T4)は、
ショックオイル#500番(4穴)入れたの試す。Rearのキャンバー角が変、ネガティブ3-4度ぐらいに・・・。ネガキャンバー角1度付近からセッテイングやり直し。
超Usedのソレックス32Rでそこそこ走った。感動!。
ベストタイムは11.6秒が参考タイム。(コースは変形してない状態だし)
kawadaの 28Rに変更してみるとモアグリップ感あり。
ベストタイムは11.5 秒

昼から
Rearのダンパーオイルの番地を50番下げる。#450。
超Usedのソレックス32Rだと先ほどより曲がろうとする(後曲がりする感じ?)ただし、リア側巻き込む、ケツがでる。

kawadaの 28Rに変更してみると曲がり感upでケツはでにくい。リア側のダンパーだけ仕事している感じで アリな気もするが微妙。
今回は#500(4穴)は、今のバネとは相性がいい感じだ。

他のボディ「TYPE-S 」とか持ってきて試してみたかった。
残念。


ボディテストTYPE-Sの時は、キャンバー角でたらめだった気がするのでもう一回テストやり直す。

GTカテ(TA07)
ESCアンプがおかしい?かと思ったらセンサーケーブルかな? (振動で緩む? モーター側センサー再度チェック接続部分確認で違和感減る)
新し目なB3タイヤでタイムチェック。12.8秒ぐらい。
次に角型Life搭載でタイムupするか試すが、バッテリーの重量バランスがダメな感じ。電源コネクタのスペースは条件厳しい。 角型Life 、サルラジ向き。

F1カテ(X1)
ボールデフ組みなおした。
前回より路面温度が20度ぐらい下がった状態で走るかどうか試す。前回のタイヤセット(フロントがRUSH系 リアはライド系)の組み合わせ。
ベストラップぎり12秒台刻む。細かい修正したい箇所はブレーキ時のマシンの挙動。あとデッドバンド。

F104_VER2_PROの頃より転がるTIREセット。

PM3時頃、プロポのトリガー壊れた。

撤収~

おさらい
前々回、7月末ごろ? ボディTYPE-Sでマシンが動き過ぎる案件をダンパーオイルの番手を変更することで塩梅良くなるかなと思って#500番を使用。ところが走行前チェックでリア側のネガティブキャンバーが狂っていたこと発見。
超精密コーナーリングボディは、キャンバー角0度からセッテイングするのはどうだろう? キャンバー角0度付近の方が面圧(接地面)upでグリップ感あがるので超Usedタイヤも使えることがあるかも。

次回、ボディTYPE-S( 超精密コーナーリングボディ )とダンパーオイル#500の組み合わせ。Rearキャンバー角(-1度)やり直し。